どのように行動すれば物件を高く売ることができるの?

物件を売るためにはまず査定を実施します。
査定とはマンションなどを販売する時に、いくらくらいに設定し売っていくかを決める戦略的な価格です。

査定額でドンピシャではまず売れないでしょう。
売却を考えている人の多くが勘違いしています。

価格を高く提示してきた会社がいい業者だと考えてしまっています。
その金額で市場に出してみても、買主が現れなければ、値下げをすることになります。

また、買主候補が出てきたとしてもほとんどの場合値下げ駆け引きを仕掛けられますので、希望通りの高値で売るためには相当綿密な販売戦略が必要なのです。
その他に不動産業者への手数料の支払いもあります。

査定額が突出している不動産業者は警戒しなければなりません。
まずは、査定の根拠を確認することが大切です。

いくら高額で市場に出しても相場との乖離が大きすぎれば売れるはずがありません。
マンション売却では最終的な金額を想定しておくことが大切です。

手数料などの支出を含めて、割り込んではいけない最低ラインを明確にしておくのです。
最悪の場合は売らないと言う選択肢もあります。

もちろん、マンションを売却しようとするのは理由があるでしょう。
ただ、売却せずに賃貸マンションとすることも可能です。
選択肢は広くしておくべきでしょう。

査定は豊富な経験を持った業者の方が信頼性は高いと言えます。

日本各地に店舗が存在するような大規模な不動産会社なら、仲介件数も多数ですし、直近の相場を正確にわかっています。

ただ、中小の会社は地元の事情に詳しいため、買い手の立場を理解しています。
買い手あっての売却ですから、その点は中小企業が優位になるかもしれません。

関連記事

コメント

コメントする

目次