不動産を売りに出すベーシックポイント

見積もりや査定で出された金額はあくまで、業者が「これなら売れる」と思って計算したもの。
実際その価格通りに売却できるかといえばほとんどの場合異なってきます。

この業界の基本を知らない人は、この提示された額を手に入れられると思いがち。

そして、予想していた金額よりも安ければがっかりしますよね。
ですが、これはあくまで仮の金額。

実際の売値を決定づけるのは市場の需要と買い手との駆け引きの巧みさと言えるでしょう。

買主候補とのやり取りを通じて、結局は買主が一定の妥協をし安くなってしまうケースが多く見受けられます。

つまり、査定価格はあくまでも仮の価格と考えましょう。
あなたの考え方一つで、上にも下にもなる可能性があります。

つまり、査定価格に縛られないようにすることです。
それから、売却を始めても、簡単には売れません。
一定期間を過ぎたら、販売戦略を見直すことが大切です。

積極的な不動産業者であれば、業者からあなたに提案してくれるでしょう。
そのアドバイスを考慮して、今後の営業をどう進めるかを考えてください。

賢い売主になりきるためには、営業担当者と良好な関係を築き、買い手候補をどんどん内見に連れてきてもらうことです。

それから、これは売却の初期段階ですが、販売契約をする業者を厳選すること。
初めて話をする不動産業者であっても、担当者の態度で、ある程度予想がつくでしょう。

一生懸命親身になって対応してくれそうな人かどうかを見てください。
業者は大手でなければならないわけではありません。

最終的には担当者個人の資質にかかってくるからです。
いずれにしても、不動産会社に任せっきりにするのはいけません。

関連記事

コメント

コメントする

目次